ブックメーカーが注目する選手

選手

昨今、世界中のスポーツファンから注目を集めているサービスが、ブックメーカーです。ブックメーカーは、1790年代に、イギリスで始められた、バスケットボールや野球、アメリカンフットボール、サッカーなどのスポーツの勝敗予想を賭けの対象とした、賭博の事を言います。もともと、競馬の勝敗予想から始まったブックメーカーでは、提示された賭け率や予想に応じて、客の投票が行われ、勝敗結果によって、勝者に、配当金が分配されるというシステムになっています。

発祥地であるヨーロッパでは、選挙や授賞式、スポーツ以外の大会など、勝敗のあるものであれば、ほとんどの場合で、ブックメーカーの対象となります。現在では、ヨーロッパのみならず、アメリカやカナダ、シンガポールなど、諸外国でも、一部地域を除いて、合法とされており、老若男女問わず、支持を集めている賭けの一つになっています。

サッカー

ブックメーカーは、様々なスポーツも賭けの対象としているため、有名選手がオッズに出ることも多く、選手の過去の勝率などから、賭け率が設定されます。勝率の低い選手であれば、勝利した場合の配当金が高くなることから、成績ではなく、そういった配当金目当てで賭けをされる方もいます。

プロスポーツにヨーロッパのブックメーカー

プロ

ブックメーカーは、オッズを提示して投票を募るヨーロッパの賭け屋で、仕組み自体は日本のノミ屋と類似しています。しかし、プロ野球やフットボール、ゴルフ、格闘技など対象の種類が非常に多様ということと、50年以上も前に政府に承認されているためにオープンな形でサービスを提供しているという点が明確に違っています。

このために、日本ではノミ屋や公営の競馬や競艇以外のギャンブルを行うことは、賭博及び富くじに関する罪が適用されて処罰されますが、ヨーロッパではこのような心配はありません。そして、実はヨーロッパの正規業者が運営しているブックメーカーであれば、日本人が利用しても逮捕されることは、まずないのです。

サッカーベット

何故なら、賭博及び富くじに関する罪は賭けるものと配当を払うものとが相互にリスクを負うことにより成立するので、どちらか一方だけを摘発することは出来ないからです。つまり、その国の法律を順守して業務を行っているブックメーカーを国内法により処罰できない限りは、利用者だけが捕まるような心配はないということになります。このために、日本での人気も年々高まっており、一攫千金を夢見て多くの人がチャレンジしています。ブックメーカー側もこれに対応するサービスを提供しており、日本語対応のサイトも増加しています。

ヨーロッパなどのブックメーカーと情報収集

情報

ブックメーカーは主にヨーロッパやアメリカの賭け事を主宰する企業です。賭けの対象となる分野にはスポーツや政治、経済、芸能関係など様々なものがあります。特にイギリスなどヨーロッパ各国ではサッカーやモータースポーツ、テニスなどの賭けが人気です。日本のサッカーリーグやプロ野球が賭けの対象とされることもあります、日本国内では競馬などの例外的な場合を除いて賭け事が禁止されていますが、海外のブックメーカーサイトにアクセスして利用する場合はグレーゾーンとされます。そのため日本国内からも多くの利用者がアクセスして様々な賭けを楽しんでいます。

ブックメーカーを利用する主な目的は賭け事を通してスポーツなどを楽しむことにありますが、投資目的で利用する人もいます。特定の分野に関する精度の高い情報を収集すれば、賭けの勝率を高めることが可能となります。

より正確な情報を得ることが賭けに勝利するポイントとなるので、日本からの参加者は日本国内で行われるサッカーの試合などに賭けると有利です。国内からも多くの利用者がいることから、日本語に対応しているサイトも存在します。利便性の高いブックメーカーを利用すれば効率的に賭けを行うことができます。